【講師のつかみネタ】受講生を学びを創る3種類のストーリー【誰でも語れる】




講師が語るストーリーは3種類

ストーリーを語ることは、感情を動かし、自分の言葉をしっかりと伝えるのに役立ちます。みなさんの中にはストーリーを語るのが苦手という方もいます。そこで今回はストーリーについての選択肢を増やすために、おおまかに分類してきました。

講師が語れるストーリーは以下の3種類です。

  • 自分の経験
  • 他人の経験
  • 寓話

最も基本になるのは自分の経験です。これは、自分の体験談や変化、成長、将来の夢を語るものです。

自分のストーリーが思い浮かばない人は、他人の経験を紹介すると良いでしょう。特に、著名人など誰もが知っている人物のストーリーにするか、同業や同じ境遇を持つ人物など共通点のある人のストーリーが好ましいです。

最後に紹介するのは寓話です。寓話とは、イソップ物語などのように教訓的な内容を物語にしたものです。3種類のストーリーの中でも、確実に語れるものを挙げるとしたら寓話でしょう。なぜなら、物語として活字化されているので、そのまま読み上げれば良いからです。

ビジネス寓話

ビジネスメンタリズムの師である白戸三四郎師匠がYouTubeにて動画を公開しています。

研修・スピーチで使えるビジネス寓話集#1ピザ屋のトム爺さん
研修・スピーチで使えるビジネス寓話#6「A町とB町の旅人」

寓話は本にまとめられている

私は数冊の寓話集を購入し、その物語を伝えています。特に利用頻度が高いのが以下の2冊です。この2冊でなら、「ビジネス寓話50選」の方が多く使っています。

ものの見方が変わる 座右の寓話
ビジネス寓話50選







<当ブログ経由で全講座500円OFF!>
つかみやメンタリズムを勉強しよう

相手の興味を引き、心をつかむ技術を習得しましょう!あなた自身や、あなたのメッセージが強く記憶に残ります。







<講師になりたい人へ!500円OFF>
「ストアカ講師になろう」講座

ストアカ講師になりたい人や、集客がうまくいっていない人をサポートする講座を行っています!